vegworld-niku-gan-home-2

小学生時代に、お肉を食べると元気になると教わった人は多いと思うが、 癌研究者によると、元気になるどころかむしろ癌になる!?ということだ。

その根拠は?

WHO(世界保健機関)は、ほとんどの種類の癌は、食生活に原因があると公表している。 そして1980年から、その癌研究分野において実際にどのような食生活や食物が、恐ろしい癌を誘発してしまうのか、調査を開始した。

vegworld-niku-gan-5

ドイツの癌研究センターは、 肉食と癌の関連性を明らかにするためにお肉を一切食べないベジタリアン2000人を11年間に渡り調査した結果、 菜食は、癌だけでなく、呼吸器疾患等の疾病リスクを50パーセントをも低下させることが分かった。

栄養学と癌研究の分野においても肉食が癌の原因か否か、どう関係しているのかについて興味が高まり、世界中で研究が行われた。


1994年に、イギリスの保健省が11,000人を対象にした研究では、肉食をする人はそうでない人に比べ、癌にかかるリスクが30%上昇することが分かり、癌と肉食との関係性がさらに明らかになった。

ハーバード大学では、なんと121,342人の食生活を対象にし22年間調査をした。 そして2012年に、肉食と癌、さらに心臓病との強い因果関係を発表した。

vegworld-niku-gan-3

以下は、ハーバード大学栄養学部研究者であるAn Panの言葉である。

「今までの栄養学の研究で、お肉を食べることが心臓病、癌 糖尿病などの原因だと明らかになってきましたが、私達の研究で、さらにその詳細がはっきりしました。」

同大学の研究結果によると、 お肉を毎日40g(アメリカンドッグ1個分くらい)食べると 癌になる可能性が、20%も高くなるという。

vegworld-gan-no-risuku

1947年の日本人一人当たりの食肉の消費は、1日平均 5グラムであったが、 2015年現在は、一人当たり平均約100グラム(1947年当時の20倍)消費していることからも、癌になる可能性が非常に高まっているということが分かる。

vegworld-nihon-niku-shouhiritsu

さて、 それでは何故お肉を食べると癌になるのか?

まずは、近年第6の栄養素として注目されている食物繊維が含まれておらず、「抗発癌性」のファイトケミカルも一切含まれていない。 そして血液が酸性に偏り、悪玉コレステロールや血管を詰まらせる飽和脂肪酸が非常に多く、HCA(ヘテロサイクリックアミン)や PAH(多環芳香族炭化水素)のような発癌性の化学物質も多く含まれている。

vegworld-niku-gan-1

そして最近の研究結果によると、動物の肉には、Neu5Gcという抗原が含まれており、 それを人間が食べることで免疫反応を過剰に引き起こし、 その状態が何年も続くことで、正常な細胞が癌細胞を形成していくそうだ。

ここまで読み進めてきても、 お肉はタンパク質が豊富で人間にはそれが必要だ。などと考える人もいるだろう。

しかし、やはりハーバード大学の研究で明らかになったのは、 人間に必要なタンパク質を、動物性の肉よりも植物性である穀物、豆、ナッツ、野菜などからバランスよく摂取することで、タンパク質が全く不足しないだけではなく、癌や心臓病等のリスクをかなり低減させ、さらになんと寿命まで延ばせるということだ。

vegworld-niku-gan-2

近年、食肉と癌の関連性がますます証明されてきており、 それらを食べないベジタリアンや、さらに一切の動物性食品(肉、魚、卵、乳製品)を摂らないヴィーガンも世界中で多くなってきている。

誰もが知っている世界的な有名人の中にもベジタリアン、ヴィーガンである人が驚くほど多い。

お肉を食べるのは、人生の喜びの一つだと考える人もいるかもしれない。 しかし健康でいてこその幸せなのであり、 その健康を保つために少しの食習慣を変えるだけで十分だとしたら、自分自身のこれからにも明るい未来が見えてくるかもしれない。 そして健康でいることは、個人の責任を超えて、大切な家族のためでもあるだろう。

まずは、お肉を食べる回数や量を減らすか、 週1日健康的なベジタリアンから始めてみてはいかがでしょうか。